IMPOV::In My Point Of View

仕事、SEO、ウェブマーケティング、時事問題、健康、生き方などなど、書きたいことを勝手に書き倒しているブログです。とどのつまり「便所の落書き」

Bitcasa が不具合出まくりなので解約をしたけど、かなりメンドウだった件

 

 

ベータから利用して正式サービス後に課金していた Bitcasa を解約した。

かなり便利に使っていたのだが、許容範囲を超える不具合が多く解約を決断した。

自分としては、かなり推してたサービスだったので今の状況については非常に残念だ。

ニーズとサービスの現状とのギャップ

Bitcasa について期待していた機能と2015年1月現在におけるサービスのギャップについて、自分の中での優先順位順で並べてみる。

ミラーリング

PCの任意のディレクトリ以下を自動的にクラウドにミラーしてくれる仕組みだが、昨年11月のプラン強制変更時に配布されたクライアントが最悪。

起動後1時間ほどするとCPUとメモリのリソースを食いつぶしマウスカーソルさえまともに移動しないほどPCが重くなる状態となった。

やむなくミラーリングを停止せざる得ない状況だ。

信頼性

ファイルを Bitcasa Drive にアップロードした際、アップロード後のファイルと元のファイルのベリファイが上手く行われていない場合があるようで、壊れているファイルやダウンロードできないファイルが複数見つかった。

通信環境の問題でもありそうだが、ベリファイできていないのにアップロードが完了してしまう扱いはかなり大問題だ。

中には、ダウンロードしようとすると「ファイルサイズが違う」と警告が出るケースも有り、ブラウザで確認できる Bitcasa Drive 内にあるファイルのサイズと実際にストアされているファイルサイズが違うケースもあった。

また、"$"で始まるファイル名など、一部の特殊文字で始まるファイルについては、アップロードできているのにダウンロードできないケースがあり(ブラウザ経由・クライアント経由ともにNG)、一部のソフトのデータフォルダを保存していた場合でデータがダウンロードできないケースが発生した。

企業に対する信頼感

昨年10月中旬に突然「サービス内容を変更するので 11月15日までにデータをダウンロードするか新プランに乗り換えろ。何もしないと既存サービスのデータは削除される。」という主旨のメールがきて、ユーザーの怒りを買っている。

Bitcasa には前歴があって一昨年の11月には容量無制限の価格を10倍にする価格改定が行われている。

ベンチャー企業にありがちな迷走なのであろうが、企業の継続性や顧客との関係の持ち方についての信頼感はかなり毀損したのではないだろうか。少なくとも自分については、もうこの事業体は信頼出来ない。

個人的な意見としてだが、事業自体が消滅する可能性もありと思うので大切なデータを預ける気にならない。

かなりメンドウな解約手続き

アカウント管理画面から解約ができない

11月の仕様変更(強制プラン変更)以降、アカウント管理画面が一部変更となり、「アカウント削除」のリンクが消えてなくなった。

新しいキャンセル方法は見つけやすいところにリンクや記載が無く検索してようやく見つかる状態だ。
Canceling or Downgrading Your Bitcasa Account – Bitcasa Help Center

解約を減らそうという姑息な手段を講じているように見える点も、この事業の継続性について自分の不安感を増加させる要因になっている。

具体的なキャンセル方法

以下は、実際に自分がキャンセルするまでに行った手続だ。

以下のメールを送信する
  • Bitcasa を契約した際に登録したメールアドレスから送信する
  • メールの件名を、"Delete my account." とする
  • 本文には特に何も書かなくて良いが、気休め程度に、"Please delete my account." と書いておいた。
サポートから返信メールが来て何回かやりとりが必要

日本から普通の時間にコンタクトした場合、現地は営業時間外なので、「営業時間中にサービスからコンタクトする」との内容の自動応答メールが返信されてきた。

翌朝、担当者から、「キャンセルすると全部のデータが消えて復旧はできなくなるが良いですか?キャンセルすることを了承するとのメールを返信してください。」という主旨のメールが来た。

そこで、以下の内容で返信。

I confirm, I would like you to delete my account.
Regards,
(英語は特に得意というわけではないので、その精度や体裁についてはお察しください。要は、相手に意思が伝われば良いのです!と言い訳しておきます。)

例によって相手側の営業時間外なので翌朝に返信が届いた。素直に解約してくれるのかと思いきや、「何か問題を抱えているようなら、サポートします」という内容。

かなりイラついたので、「信頼性が低いと感じているので、直ちに解約手続きをしてくれ」という主旨のメールを以下のとおり送信。

Hi

I had stored my server backup images (as ISO file) monthly to Bitcasa via Windows Bitcasa Client manually.

Unfortunately, 2 of 12 those files (2.5GB each) cannot download from Bitcasa Drive.

It seems files are broken.

So I could not use this storage as a reliable storage.

I had deleted all my data on Bitcasa Drive already.

Please delete my account immediately.

Thank you,

(英語は特に得意というわけではないのd(ry)

翌日、「24時間以内にキャンセル手続を行う。費用については残期間に応答する割合で4~6営業日内に返金する」という主旨のメールが返信されてきた。

というわけで、どうやら解約ができたようだ。

たまたまなのか、サポートの担当者のお名前が日系人のようだったので、もしかしたら日本語でも良かったのかもしれないが、とりあえず日本語でいいかどうかを確認するのにも一晩かかりそうだったので、恥ずかしいレベルの英語でやり通した。

上記のやりとりも、サポート担当者にしてみれば、おそらくマニュアルにもとづいてやらされていると思うので、大変だなと思います。ご苦労様でした。