読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IMPOV::In My Point Of View

仕事、SEO、ウェブマーケティング、時事問題、健康、生き方などなど、書きたいことを勝手に書き倒しているブログです。とどのつまり「便所の落書き」

Bitcasa 優先度を下げれば少しはマシ?

 

 

3月12日に、Windows クライアントのアップデート(1.0.1.7)があった。インフィニットの初期化や二重化バグなどへの対応だそうだ。

クライアントを最新のものにしてみたが、起動時のストレスは相変わらずヒドイ。

Bitcasa起動時のHDD占拠対策として、今のところ以下のような運用をしている。

  1. Run Bitcasa on computer startup のチェックを外す
  2. 休憩時など、PCからしばらく離れる時にBitcasaを起動する

PCを原則24時間つけっぱなしなのでできる苦肉の策だ。

もっとも再起動後すぐにBitcasa上のファイルを使いたい場合などでは、こういった回避策も使えない。

タスクマネージャーで優先度を下げる

そこでタスクマネージャーからBitcasaの優先度を下げてみることにした。

f:id:impov:20130319230535p:plain

Bitcasaを右クリックして優先度を設定する。

f:id:impov:20130319230539p:plain

警告がポップアップするが「優先順位の変更」をクリック。自分の環境では、これでシステムが不安定になったことは今のところ一回も無い。

もっとも起動直後のBitcasaはHDDこそ数十分にわたって占拠するが、CPUリソースを食ってるわけではないので気休め程度かもしれない。事実、リソースモニターで確認したところ、ディスクアクセス中ファイルのI/O優先度は「標準」のままだ。

ただし、(気のせいかもしれないが)他のソフトを起動したり使用する際にディスクI/Oへの割り込みをしやすくなったようだ。快適とまではいかないが、固まる時間が短くなったような気がする。(実測値があるわけではないので、プラセボ効果かもしれない。)

30分から1時間ほどしてから優先度を「通常」に戻すようにしているが、とくに通常に戻す必要も無いのかもしれない。

なお、いろいろと試す場合は自己責任でお願いします。