読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IMPOV::In My Point Of View

仕事、SEO、ウェブマーケティング、時事問題、健康、生き方などなど、書きたいことを勝手に書き倒しているブログです。とどのつまり「便所の落書き」

Google Analytics で、リファラーのURLをわかるようにする設定

SEO

 

 

検索エンジン以外からのトラフィックは気になるものだ。

グーグル・アナリティクスでは、デフォルト設定だとリファラーのドメイン名までしかわからない。

リファラーの詳細URLを知るためにはフィルタを作成すればよい。

フィルタの作成

  • メニューの右の「アナリティクス設定」から設定画面に入り「プロファイル」を選択
  • 「フィルタ」タブを開き、「新しいフィルタ」を作成
  • 設定は以下のようにした
    • フィルタの種類 : カスタムフィルタ - 詳細
    • フィールド A → 引用 A : 参照 (.*)
    • 出力先 -> 構成 : ユーザー定義 $A1
    • フィールド A は必須 : はい
    • フィールド B は必須 : いいえ
    • 出力フィールドを上書き : はい
    • 大文字と小文字を区別 : いいえ

f:id:impov:20130310001406p:plain

フィルタは設置後のデータに対してのみ適用されるので、設置前のデータにさかのぼって適用することはできない。

結果はレポートの「ユーザー」ー「ユーザー定義」で参照することができる。

f:id:impov:20130310003247p:plain

検索エンジンを除外

このフィルタで取得したデータでは検索エンジンからの流入も取得してしまうので、URLエンコードされた%だらけの長い文字列が参照元に大量に表示されることになる。

f:id:impov:20130310003120p:plain

 もともと「検索キーワード」は「トラフィック」の「オーガニック検索」で確認できるので、検索エンジン経由の流入などを排除してしまいたい。

そこで、ユーザー定義のデータが表示されている状態で、メニューの「カスタマイズ」をクリックしてフィルタオプションを追加する。

f:id:impov:20130310004736p:plain

カスタムレポートの編集画面が開いたら、ページの下の方にある「フィルタ-オプション」で検索エンジンを排除する正規表現を入力すれば良い。

f:id:impov:20130310005018p:plain

今回は、以下のように設定した。

  • 除外
  • ユーザー定義値
  • 正規表現
  • ^.*(search|google|ask.com|not set).*

 Yahoo や Rakuten などは URL やパラメータのどこかに「search」という単語が入っているが、 google や ask では入っていない。また、 (not set)  も不要なので、これらを併せてパイプ( or 条件)でつなげてしまえばよい。

これを保存すると「カスタムレポート」から参照できるようになる。

このままだと、わざわざ「カスタム」画面に行かなければならないのがメンドウなので、ショートカットを作成し「レポート」画面で見れるようにすると便利だ。

リンク流入は大切なシグナル

検索SSL化により not set の荒らしが吹き荒れると、今後ますますキーワード情報が手に入りにくくなる。

発リンク側のサイトを分析し、またサイト全体のCVRを比較するなどの作業を行うことで、隠れ Hot Word を見つけることができるかもしれない。