読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IMPOV::In My Point Of View

仕事、SEO、ウェブマーケティング、時事問題、健康、生き方などなど、書きたいことを勝手に書き倒しているブログです。とどのつまり「便所の落書き」

ついてない奴らとは今すぐ縁を切れ!

 

 

何をやっても上手くいかないと思ったら、身の回りにいる「上手くいってない友達」と縁を切るといい。

色々な事が不思議と上手くいくようになる。

事業に失敗したら金のない奴らばかりが集まってきた

もう6年ほど前になるが、事業に失敗して痛い目にあったことがある。当時すでに起業してそこそこ食えていたのだが、いい気になって2つ目の事業を起業した。

これが大変な金食い虫で、大赤字を出して2年ほどで倒産した。

もともとの事業とはリスクを切り離していたので、何とか最低限の生活はキープできた。しかし経済的に相当なダメージをうけた。

事業の失敗そのものは、先見の明が無かったのと引き際を間違えた自分のミスだ。それは結果的に自分が責任を背負ったので構わない。

問題は、事業がつぶれかけた頃に寄ってきた奴らだ。

  • 金がないくせに派手な振る舞いをする奴
  • 一発逆転を狙ってデカイ話ばかりする奴
  • 良かった頃の昔の話ばかりする奴
  • あきらめて愚痴ばかり言っている奴

あの頃の自分は追い詰められて、負のオーラを出していたに違いない。文字通り「類は友を呼んだ」のだ。

運は全員に公平には訪れない

世の中には「ついてる奴」と「ついてない奴」がいる。

「運は全員に公平だ」、「良い時もあれば悪い時もある」と気休めを言うが、そんなものは嘘っぱちだ。

「ついてる奴」は徹底的についてるし、「ついてない奴」は徹底的についてない。「ついてない奴の良い時」より「ついてる奴の悪い時」のほうがよっぼど良かったりする。

「上手くいってない奴」は自分よりも「さらに上手くいってない奴」を見てホッとする。ホッとしたいから自分の身の回りに「上手くいってない奴」を呼び寄せる。「上手くいってない奴」同士で集まった所で良い事は起こらない。いや、それどころか、もっと辛いことが起きる。負の相乗効果だ。

「上手くいっている奴」は自分よりも「さらに上手くいっている奴」を見て尊敬する。心に余裕があるから素直に「すごいですね!」と言える。相手も尊敬されたら悪い気はしない。裏がないから警戒されない。「上手くいっている奴」ばかりが集まる。「上手くいっている奴」ばかりが集まると、もっと良いことが起きる。正の相乗効果だ。

「失敗した」、「金が無い」と胸を張って言う

こんな単純な事に気づくまで1年ちょっとかかった。事業をつぶしてから1年以上もの間、後ろ向きの状態だった。

ようやくそこに気づいたとき、まずは素直になろうと考えた。

他人に、それが初対面であっても、「事業に失敗した」、「金が無くて困ってる」と胸を張って素直に言うようにした。

「上手くいってない奴ら」との付き合いを減らし疎遠になった。 あからさまに縁を切るとトラブルを呼びそうだったので、連絡が取りづらい状況をつくったり返事をタイムリーに返さず少しずつ距離を置いた。

邪魔なプライドを脱ぎ捨て裸になり、付き合う相手を変えてから転機が訪れた。

きっと物欲しそうな欲どしい負のオーラが消えたのだと思う。

新しい人脈が少しずつ増え、いろいろな事が不思議と上手くいくようになった。

だから思う。「とことんついてない奴」も、勇気を持って環境を変えることができれば浮上できるはずだと。

勇気が出ない人は、ずっと沈んでいて下さい。